スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

パン屋でトニーおじさんの話を思い出す 

パン

残り少ないフランス生活を楽しむため、多少めんどくさいけど毎朝パン屋まで行って焼きたてのバゲットを買って朝食にしている。
朝まだ暗い中パン屋さんに行き、ほんのりと暖かいバゲットを受け取るのはフランス生活で幸せを感じる瞬間No1と言ってもいいくらい。写真のように、持って帰る途中でかじってしまいます。
そんな時思い出すのは、以前トニーという同僚に聞いたこんな話。

トニーおじさんは僕の前職の会社のシドニーオフィスで働いていた中国系オーストラリア人。今は丸々と太った、いかにもな中国人のおっさんなのだが、僕が今までに出会った苦労人ランキング上位に入るほどの苦労人ぶり。

ベトナムで中国系ベトナム人の一家に生まれたトニー。ベトナム戦争が激しさを増す中、一家は中学生だったトニー少年に望みを託し、全財産を投じてフランスへと渡らせた。フランスではレストランの調理場などで働きながらフランス語を勉強、高校を卒業。そのトニーのもとに、一家がベトナムを脱出してオーストラリアへ流れついたという知らせが入る。トニーもシドニーへ舞い戻り、英語を勉強しながら大学を卒業し、今は金融機関のITマネージャーとして裕福な生活を送っている。

そのトニーおじさんがこんな話をしてくれた。おっさんの話は長いのだけど、はしょるとこんな感じ。
「フランスにいた頃はチューインガムが発売されたばかりで、食べたくてしょうがなかったけど高くて買えなかった。それで、どうにかしてお金を稼ごうと思った。
俺が住んでた村にはパン屋がなくて隣村にしかなかったんだ。だから、毎朝暗いうちに家を出て隣村でパンを買って、戻ってきて村の人にパンを売って少しずつ小遣い稼ぎをしたんだ。
1ヶ月くらいしてやっとチューインガムを買えるだけお金が貯まったんだ。それで買ったあのチューインガムの美味かったこと。あの味は一生忘れないね。」

まあ、尾ひれが相当量ついていることを割り引いてもなかなか泣ける話です。

トニーは見た目恰幅の良い幸せそうな中国人のおっさんでありながら、英語+フランス語+ベトナム語+北京語+中国のどこかの方言、の5ヶ国語がしゃべれるスーパーな人です。
ただお茶目な一面もあり、一緒にロンドン出張に行ったとき、子供へのお土産にチャイナタウンでインド人から遊戯王カードを激安で買ったと言って喜んでました。あまりに嬉しそうだったので、「ロンドンの」「チャイナタウンで」「インド人から」買った遊戯王カードが本物である可能性はきわめて低いぞ、とは言えませんでした。

[ 2008/10/25 08:15 ] フランス生活 | TB(0) | CM(2)

一時帰国と 

LaLoingtaine10月

10日ほどの一時帰国から、またここラ・ロワンテーヌに戻ってきました。

日本では紅葉はまだまだ先、夏のような陽気で25℃くらいまで上がる中スーツを着てウロウロ動き回って汗をかいたのだけど、フランスに戻ってみるともう秋も終わりの様子。
色づいた葉も落ちつつあり、そろそろ冬です。

今回、日本で食べたおいしかったもの:
・銀座「あさぎ」の天ぷら(ご馳走様でした!)
・先斗町「葱や平吉」の豚とネギの鍋(ハンガリー人も大喜び!)
・一風堂のラーメン

今朝はまだ暗い中、パン屋まで出かけて焼きたてのバゲットとクロワッサンを買い、フランスでしか食べられない朝食を楽しんだのでした。あと3ヶ月。
[ 2008/10/22 18:24 ] フランス生活 | TB(0) | CM(0)

牡蠣の季節 

久しぶりの更新ですが、小ネタで。
日曜日、隣の村で「ワイン&チーズフェスティバル」なるものがあるとのことで行ってみた。あまり規模は大きくないけど、ワイン屋さんチーズ屋さんのほかにもいろいろな店が並び、いろいろ店を冷やかして歩く。

一軒、生ガキを売る屋台を発見。生ガキ屋台といえばカンカルの悲劇が思い出されるところだが、おいしそうなので寄ってみることに。
店のおじさんはえらく気前が良くて、バンバン試食させてくれた。No1、No2、No3(牡蠣は大きさで等級付けされて値段が変わります)を一つずつ試食させてもらった後、「No2を1ダースちょうだい。半分はこの場で、半分は持って帰る」と言うと、1ダース分のお金でそれぞれ7つずつ14個くれた。大サービス。
牡蠣

写真は持って帰ったもの。ちゃんと無事に殻を開けて、牡蠣ごはんにして食べました。うまいっ。
[ 2008/09/07 22:44 ] フランス生活 | TB(0) | CM(1)

8月のパリはパン屋もバカンスへ 

久しぶりの更新でーす。

フランスのバカンスは有名だが、8月頭の3週間くらいがそのピークのようで、フォンテーヌブロー付近のパン屋さんやレストランも休みのところが多かった。パリに行ってもレストランは休みのところが多く、「8月のパリには観光客しかいない」というのを実感。

サラリーマンならまだしも、小さなお店でも3週間くらい休むというのは、この国の人たちはホントにお金のためじゃなくてバカンスのために働いてるんだなと思う。その間稼がなくてもいいのか!?

7月まる1ヶ月南仏で過ごした僕ら。この間雨が降ったのは2回のみ、毎日短パンサンダルの生活。そこから帰ってきてみると、パリの天気はぜんぜん夏らしくない。雨はよく降るし、もう寒くなってきたし、いまいち楽しくない。パリではParis Plageと言ってセーヌ河岸に人口ビーチをつくって夏気分を盛り上げようとしてるのだけど、そこで肌を焼こうとしてる人たちを見ても、なんだか寒々しい(写真)。
夏は太陽を求めて次々に南へ向かう、パリの人たちの気持ちもよく分かるのでした。
ParisPlage

ようやく僕らのお気に入りのパン屋も再開し(久しぶりのバゲット、美味い)、来週からINSEADもP4が始まる。
[ 2008/08/23 13:36 ] フランス生活 | TB(0) | CM(0)

オペラ初体験 

エクス・アン・プロヴァンスの夏の音楽祭。第2弾として、今度はオペラに行ってきた。恥ずかしながらのオペラ初鑑賞は、学生料金15ユーロ。

会場は野外劇場。ときおり吹く夜風が気持ちよい。
opera2.jpg

演目はモーツァルトのコシ・ファン・トゥッテ。オペラはイタリア語で、舞台袖にフランス語の字幕が出る。なのでかなり理解困難だけど、事前にストーリーを予習していたのと、わりと動きの大きな喜劇なので十分引き込まれて見ることができた。

スクリーン/プロジェクターを効果的に使っていたり、シーンの切れ目無く演技を続けたまま大道具さんが舞台装置を運んだり、と現代風の演出になっていたのも興味深かった。

夜9時半開演で、終了は深夜1時半...途中意識が飛んだ時間帯もあったものの、初オペラは予想以上に楽しかった。
opera.jpg

[ 2008/07/19 22:09 ] フランス生活 | TB(0) | CM(0)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。