スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

カンカル:三ツ星レストランとオイスターの悲劇 

先週末のサンマロ&モンサンミッシェル旅行で、まず向かったのはカンカル。サンマロ近くの港町で、牡蠣の名産地として有名。

ここにミシュラン三ツ星レストラン、Les Maison de Bricourt がある。一つ星すら行ったことないのに、いきなり三ツ星に行ってきましたよ。もちろんランチですが。

cancalerestaurant


場所柄、海の幸が中心の素材を生かした洗練された味付けって感じでした。
(え、それだけ!?)

食事後カンカルの海岸に移動。ここには牡蠣をその場で食べさせる屋台が並んでいる。生牡蠣はランチに入ってなかったし、まだちょっとお腹に余裕があるから、やっぱり食べとくでしょ。屋台には実にいろんな種類の牡蠣が並んでいて、店のおばちゃんと相談しながら決定。この後悲劇が起こることになろうとは、このときは誰も予測できなかった...

oyster1


慣れた手つきでオイスターナイフで次々に牡蠣の殻を開け始めたおばちゃん。すると突然「ウッ!」と呻いてうずくまってしまった。そう、プロでも時々手を怪我してしまうらしいんですよね。しかも血がなかなか止まらない。周りの店の人たちも巻き込み、救急車を呼ぶ事態になってしまった。

救急車


我々はなすすべもなく、おばちゃんの乗せられた救急車を見送ったのでした...
牡蠣を自分で開けるのはトライしたことがあってそのときは苦労しながら何とかなったのだが、もう出来ないかも...

その後、(隣の店のおばちゃんのヘルプで)怪我したおばちゃんの店から牡蠣を買い、心なしかいつもより鉄分の味が濃いような気がする牡蠣を平らげ(でも美味しかったけど)、周りの人を真似て食べ終わった牡蠣の殻を海にポイポイ投げ捨てて、カンカルを後にしたのでした。

牡蠣を食う

スポンサーサイト
[ 2008/06/06 12:37 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nokomitch.blog80.fc2.com/tb.php/75-576a930c





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。