スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

春の訪れ、ロシアの...何だっけ? 

僕がフランスに来る前の12月は死ぬほど寒かったらしいですが、それ以降は特に冷え込むことなくこの冬は終わりそうです。イギリス・フランスあたりの人からはよく「ヨーロッパの冬は悲惨だけど、あの冬があるからこそ春が来たときの喜びが大きいんだ」と聞いていました。今回はあんまり悲惨な思いはしなくて済みましたが、それでも春は楽しみです。

僕が住んでいるお屋敷にはロワン川に面した広い庭があるのですが、今日は14度くらいまで上がってポカポカ陽気で気分がいいので、庭に出て期末レポート作成に勤しみました。
(前々からやろうと思ってたのですが、先週は平日にけっこう飲み会があったりしたので...)

紫色の花


庭では、少しずつですが花が咲き始めています。紫の花は珍しい花だそうで、「ロシアの何とか」という名前がついていると大家さんが教えてくれましたが、聞いたそばから忘れてしまいました(汗)

黄色の花


黄色い花の向こうにちらっと見えるのが、我々が住んでるお屋敷です。
スポンサーサイト
[ 2008/02/24 00:20 ] フランス生活 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nokomitch.blog80.fc2.com/tb.php/42-4ed68f14





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。