スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

フォンテーヌブローのおたく 

フランスの中の変なジャポンにツッコミを入れるシリーズその2。

ご存知のように、日本の漫画・アニメはフランスで大人気。こないだ行ったパリの漫画喫茶は日本人向けのだったけど、フランス人向けのもちゃんとあるらしい。

けど、パリ郊外のこの小さな街フォンテーヌブローはそんなブームとは無縁、と思っていた。しかし先日街を歩いていたら、こんな店を発見。

OTAKU


"OTAKU" 来たあー、直球ネーミング!!

看板を良く見たら、日本語も書いてあります。『漫画、アニメ、フィギュア、縫い包み』...えっと、「縫い包み」って何でしょうか?誰か教えてください。
ちなみにフォンテーヌブローには日本人はINSEAD学生の他には5家族くらいだけしか住んでいないそうで、看板に日本語を書いたところでどれほど意味があるかは疑問である。

同級生の誰か、中に入ってレポートお願いします。

しかし、日本のマンガ文化恐るべし。
スポンサーサイト
[ 2008/02/15 06:25 ] ジャポン | TB(0) | CM(2)

縫い包みー>ぬいぐるみでは?
フォンティにもフランクみたいなやつがいるのかなー。
[ 2008/02/15 08:43 ] [ 編集 ]

日本語効果

あみぐるみのことなんでしょうか?
確かに日本語書いても、そのメッセージによる宣伝効果はないですね。
でも、日本語が書いてあるだけでも、興味を示す人はいっぱいいる気はします。効果は、中国語がかいてあっても同じかもしれませんが。
[ 2008/02/15 18:27 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nokomitch.blog80.fc2.com/tb.php/35-807db991





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。