スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

スタディグループの面々 

2度目の散髪にチャレンジしたら、若干角刈り風になってしまったのこのこです。
次はパリの日本人美容師に逃避しようかな...

さてさて気を取り直して、今日は学校関係の話題。
INSEADでは1学期目と2学期目の必修科目では5人のスタディグループが固定され、授業中でもグループワークが課されるし、宿題もグループ単位で仕上げるものが多い。グループが円満でないと、日々の勉強にも無駄なエネルギーと時間がかかる。

僕のグループのメンツはこんな感じ。

ジャック君:フランス人、♂、32才、コンサルタント:国籍はフランスだがほぼアメリカ育ち、ハーバード出身。とても落ち着いた性格で、議論のまとめ役として頼りにされる存在。わりと細かすぎる傾向があるのが玉にきず。普段は真面目だが酔っ払うと下ネタが多くなる。

ミルカさん:ブルガリア人、♀、28才、出版社でプロジェクトマネージャ:このグループの中では自己主張の強いほうで、議論でもなかなか折れない。パーティ大好き。数字は苦手らしい。

ルチアーナさん:ブラジル人、♀、29才、弁護士。直近はベルギーでケータリングビジネスを興していた。とてもイージーゴーイングな性格で常にジョークを言っているムードメーカー。が、すぐに休憩したがり、基本的に予習してこないことが多い。

アレックス君:シンガポール人、♂、26才、政府系機関:職歴が2年と浅いが、それを自覚してる謙虚な男。アメリカの大学出身、いつもニコニコしている明るいナイスガイである。投資銀行への就職を目指していて、夏はUBSでインターンする予定。

ミッチ:日本人、♂、33才、ポートフォリオマネージャ:口数が少ないので何を考えているか良くわからないが、聞いてみるとどうやら何も考えていないことが多いようだ。数字とExcelにはめっぽう強いので、数字系の科目が多い1学期目ではわりと使える存在である。

スタディグループは国籍・職種の偏りがないように分けられる。どちらかといえばあまり強烈なキャラがいなくて、最初のうちはイニシアチブをとる人がいなくて迷走気味だった我がチームも、お互いの個性の理解が深まってきた今は状況に応じて誰かが作業をリードする効率よいチームになってきた。

僕個人的にも、授業の内容もさることながらチームワークから多くを学びたいと思ってフルタイムMBAにやってきたので、グループワークは重視していきたいところ。何というか、口下手は直りそうにないけど、それなりの身の処し方(多国籍チーム内での)を身につけたいなと。ともあれグループはいいメンツに恵まれてラッキーでした。
スポンサーサイト
[ 2008/02/28 06:59 ] 授業 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nokomitch.blog80.fc2.com/tb.php/33-c01be3f2





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。