スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

パン屋でトニーおじさんの話を思い出す 

パン

残り少ないフランス生活を楽しむため、多少めんどくさいけど毎朝パン屋まで行って焼きたてのバゲットを買って朝食にしている。
朝まだ暗い中パン屋さんに行き、ほんのりと暖かいバゲットを受け取るのはフランス生活で幸せを感じる瞬間No1と言ってもいいくらい。写真のように、持って帰る途中でかじってしまいます。
そんな時思い出すのは、以前トニーという同僚に聞いたこんな話。

トニーおじさんは僕の前職の会社のシドニーオフィスで働いていた中国系オーストラリア人。今は丸々と太った、いかにもな中国人のおっさんなのだが、僕が今までに出会った苦労人ランキング上位に入るほどの苦労人ぶり。

ベトナムで中国系ベトナム人の一家に生まれたトニー。ベトナム戦争が激しさを増す中、一家は中学生だったトニー少年に望みを託し、全財産を投じてフランスへと渡らせた。フランスではレストランの調理場などで働きながらフランス語を勉強、高校を卒業。そのトニーのもとに、一家がベトナムを脱出してオーストラリアへ流れついたという知らせが入る。トニーもシドニーへ舞い戻り、英語を勉強しながら大学を卒業し、今は金融機関のITマネージャーとして裕福な生活を送っている。

そのトニーおじさんがこんな話をしてくれた。おっさんの話は長いのだけど、はしょるとこんな感じ。
「フランスにいた頃はチューインガムが発売されたばかりで、食べたくてしょうがなかったけど高くて買えなかった。それで、どうにかしてお金を稼ごうと思った。
俺が住んでた村にはパン屋がなくて隣村にしかなかったんだ。だから、毎朝暗いうちに家を出て隣村でパンを買って、戻ってきて村の人にパンを売って少しずつ小遣い稼ぎをしたんだ。
1ヶ月くらいしてやっとチューインガムを買えるだけお金が貯まったんだ。それで買ったあのチューインガムの美味かったこと。あの味は一生忘れないね。」

まあ、尾ひれが相当量ついていることを割り引いてもなかなか泣ける話です。

トニーは見た目恰幅の良い幸せそうな中国人のおっさんでありながら、英語+フランス語+ベトナム語+北京語+中国のどこかの方言、の5ヶ国語がしゃべれるスーパーな人です。
ただお茶目な一面もあり、一緒にロンドン出張に行ったとき、子供へのお土産にチャイナタウンでインド人から遊戯王カードを激安で買ったと言って喜んでました。あまりに嬉しそうだったので、「ロンドンの」「チャイナタウンで」「インド人から」買った遊戯王カードが本物である可能性はきわめて低いぞ、とは言えませんでした。

スポンサーサイト
[ 2008/10/25 08:15 ] フランス生活 | TB(0) | CM(2)

トニーさん、泣けました。。。そんな人が成功しているのを聞くと嬉しくなります!遊戯王笑えました^o^それ、確実にやばいし。
[ 2008/10/26 21:35 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2008/11/05 10:42 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nokomitch.blog80.fc2.com/tb.php/121-49407d19





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。