スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

もの凄く水の都なヴェネチア 

週末旅行で久しぶりに飛行機に乗って(といっても1.5h)水の都ヴェネチアに来ています。

大学院生時代の卒業旅行以来だから、10年ぶり。その時も思ったけど、やっぱり車がいない街というのは素晴らしい。移動は水上バス。狭い路地を散歩して、迷うのがまた楽しい。
水上バス

ところがところが、今回はしゃれになってません。水の都ヴェニスにもホドがある。
かなりの大雨で、サン・マルコ広場が水浸し。足首まで水につかる状態で、各国の旅行者も右往左往。ひー。
サンマルコ広場浸水

避難したカフェにも浸水してきて、閉店するからと追い出される始末。
ベネチアカフェ

まあ雨の中でもヴェネチア散歩は楽し。明日はちょっとましになるといいな...
スポンサーサイト
[ 2008/09/13 22:11 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

世界遺産制覇を目指し、修行の一日 

僕らはこの1年のうちに「フランスの世界遺産全制覇」を目指している。(いつの間に!?)
なので、シャモニからフォンテーヌブローの帰り道も真っすぐに帰ることなく、今日はフランス東部の3箇所+α回ってきた。

朝、シャモニからまずはスイスのジュネーブに。通りかかっただけだけど、一度来てみたかったので。国連欧州本部前にあるBroken Chairのオブジェ前で記念撮影。
ジュネーブ

さあ、次はフランスに戻り、世界遺産スポット「アルケ・スナンの王立製塩所」へ。ここははっきり言ってフランス一マイナーな世界遺産スポットではないだろうか。製塩所といっても今は塩は作っておらず、跡地が残っているだけ。何故塩を作るのにこんな立派な建物が必要?とか突っ込みどころ満載だが、理想都市を作ろうとした名残の建物だとか。世界遺産コンプリート目当てじゃなきゃ、こんなとこまで観光に来る人はそうそういないんじゃないだろうか...
アルケスナン

次は、ブザンソンのシタデル(城塞)。これは今年2008年に新しく世界遺産登録された「ヴォーバンの作品群」のうちの一つ。ヴォーバンってのは17世紀の築城の名手で、フランス中に残る12の作品が一度に登録された。まさに世界遺産マニア泣かせ。僕らはヘタレ世界遺産ファンなので、そのうちの一つブザンソンのシタデルを見ただけで「良し」とすることにした(誰が許可したのだろうか...)。これで本日二つ目、ピース。
ブザンソン

さて次は世界遺産ではなく、ル・コルビュジェの作品、ロンシャンの礼拝堂へ。昨年六本木ヒルズの森美術館でコルビュジェ展を見てファンになって以来、ここは是非来たかった。
ロンシャン

まだまだ終わらない。ロレーヌ地方、アールヌーヴォーの町ナンシーへ。世界遺産スタニラス広場のカフェで夕食。この広場は装飾が豪華でとても綺麗。おすすめ。
ナンシー

いやー今日はまさに修行と呼ぶのがふさわしいくらいたいへんな一日だった。何キロ走ったことやら。世界遺産コンプリートとか言い出すんじゃなかったと何回か後悔したし。
でも今日頑張ったおかげで明日はフォンテーヌブローに帰るのみ。おやすみなさい...
[ 2008/07/30 22:17 ] 旅行 | TB(0) | CM(1)

夏は山遊びも楽し、シャモニ 

さてさて、イタリアから全長11kmのモンブラントンネルを抜けるとそこはフランスのシャモニ。トンネルは最高速度70km、最低速度50kmに管理されてます。
モンブラントンネル

シャモニからはロープウェーや登山列車がいくつか出ていて、アルプスの山を満喫できる。
登山せずに登れる一番高い山はエギュイユ・ミディ。ロープウェー2つ+エレベーター1つに乗るだけで、富士山より高い3842mの展望台に到着。晴れてるとモンブランの山頂も見えるのだけど残念ながら見えず。頂上の気温、0℃。寒いぜ。
エギュイユ・ミディ

そういえば富士山に登ったのはかれこれ5年前。あれは大変だったなあ、と思ってるうちに、空気が薄くて頭が痛くなってきたので退散。

別の登山列車に登ったところでは、氷河のトンネルに入れます。ここも寒いぜ。
氷河トンネル

行くとこ行くとこ、絶景の連続。やっぱり海もいいけど山もいいね。
シャモニ

しかも今回泊まっているシャンブルドット(民宿)では、夕暮れ時のアルプスの山並みを目前に見ながらネットサーフィンができてしまう。なんと贅沢な。
宿からアルプス
[ 2008/07/29 14:43 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

イタリアはドライブ旅行しにくいです 

ジェノバから一路北へ、ミラノを横目に通り過ぎて湖畔のリゾート地、コモ(Como)にやってきた。素敵。
コモ

コモの次は、2年前オリンピックのあったトリノ(Torino)。トリノは予想していたよりも大きくてとても綺麗な街。歴史ありそうな街なのに道が碁盤の目に整備されているのが不思議。
トリノ

しかしイタリア2日旅行したけど、ここは車で旅行しにくい国です。高速道路は整備不足でぼこぼこで不快。町は駐車場不足、地下駐車場がほとんどない(この辺フランスの大都市は駐車場だらけですごい)。運転マナーもフランスよりひどいし。

すでに、明日アルプス越えしてシャモニ(フランス)に戻るのが楽しみになったりして。
[ 2008/07/27 21:58 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

コートダジュールからイタリアへ 

アンティーブ近くの宿を出発してやってきたのは、イタリア国境の町マントンの一つ手前の町、ロクビュルヌ・カップ・マルタン(Roquebrune Cap Martin)。地中海の眺望ばっちりのル・コルビュジェのお墓と休暇小屋を見学。
コルビュジェ墓

次はマントン(Menton)で昼食。マントンの町は町並みがかわいらしくとても気に入った。
マントン

そのまま海岸線を進むと、あっさりとイタリアに入る。イタリア最大の港町ジェノバ(Genova)へ。港町らしくごちゃごちゃした雰囲気。観光でくるところではないのかもしれない。夕食はもちろんパスタ・ジェノベーゼ。
ジェノベーゼ
[ 2008/07/26 21:44 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。